ルーフ&キャビン編

左右とフロントがひとまず終わり、大きく残っている部分はルーフとベットになりました。

ルーフ自体には大きなサビは無く、剥離と下地処理がメインになりました。

1124_a 全くちがう話になりますが、このルーフだけ見るとチョップしたくなるカタチですね。全体で見るとそう言う風には思わないですけどね。

ベットはさすがにサビが出てました。Pick-upですからね、このクルマが働いていた証拠です。

1124_b 物もドンって載せますから、どうしても塗装が剥げた部分やへこんだ部分からサビますね。

画像の点検口も塞がっていて普段は見ない所ですが、開けてみたらヤッパリでした(笑)剥離、グラインダーの削りで整えます。

1124_c 結構ここも気が遠くなりますね。。。ベットはフラットじゃないし、素人考えでも嫌になっちゃいます。

でも、どうなるか楽しみです。

カテゴリー: Crown Classics パーマリンク